もしもドロップシッピングの始め方|初心者が稼ぐ!ブログ講座

在宅で自由な時間にパソコン1台で稼げる「もしもドロップシッピング」の始め方を初心者でも分かりやすく紹介する情報サイト!

*

もしもドロップシッピングの始め方(集客編)PPC広告とは?

      2016/01/07

「Yahoo!プロモーション広告」とは、Yahoo! JAPANをはじめ、ヤフーの主要提携サイトに広告を掲載できるサービスです。略して「PPC広告」とも呼ばれ、検索してる人を対象とした広告は「スポンサードサーチ」ウェブサイトを閲覧中の人を対象とした広告は「ディスプレイアドネットワーク」ツイッターの利用者に向けた「ツイッター広告」と3種類の広告から選べます。

PPC広告の特長は、あらかじめクリック単価を自分の予算に合わせて決めることができ、ユーザーから「クリックされた分だけ」広告料が課金されることです。人気のキーワードほどクリック単価は高くなり、1クリックで数千円以上のキーワードも珍しくありません。

PPC広告の最大のメリットは、自分で決めたキーワードやフレーズですぐに目立つ場所に広告を掲載できることです。少ない予算でも自分の予算に合わせてすぐに掲載でき、また、止めたい時も自由に管理できます。また、クリックされたキーワードから需要のあるキーワードを調査することもできます。

PPC広告のデメリットは、クリックされるたびに広告料が課金されるため商品によっては「赤字」になることです。

もしもドロップシッピングでPPC広告を利用する際は、商品の利益額が1000円~2000円程度の商品ではかなりの確率で赤字になります。PPC広告を利用する際は、一ヶ月の予算を自分の中ではっきり決めて運用して下さい。売れないのにダラダラと広告を配信し続けたりすることは絶対やめましょう。また、掲載場所を上位にしたいがために入札するクリック単価を上げ過ぎることも赤字が膨らむ原因になるためおすすめできません。広告のテキスト文を細かく検証しながら利益の出る商品なのか利益の出ない商品なのかを早めに見切りを付けましょう。SEOとPPCを両方やってみた私個人の感想としては、コストの掛からないSEO対策に力を入れる方が長い目で見て得策だと感じていますが、過去にPPC広告を利用して感じたことは下記の5点になります。もし宜しければ参考にしていただけたら幸いです。

<PPC広告の5つのポイント>

  1. 利益額が5000円以下の商品は赤字のリスクが高いので利用しない。
  2. 一ヶ月の予算をきっちり決めて運用する。
  3. 何クリック以内に売れなければ売れない商品と判断するルールを自分で決める。
  4. 利益額を考えて適正なクリック単価に設定する。
  5. キーワードやフレーズは色々試して検証する。

ヤフープロモーション広告

次のページではSEO対策に欠かせないとても役立つサイトをご紹介します。

 - 集客編